当サイトについて

こちらはFF6エドガー夢小説アンソロジー(略称・エドガー夢アンソロ)の執筆者様向けページとなります。
小説アンソロジーや文庫本同人誌を考えている方の参考になればと、全体公開しています。
当企画についての問い合わせはこちらよりお願い致します。

リンクについて

当アンソロ告知サイトへのリンクには下記情報をご利用ください。
サイト名:FF6エドガー『恋愛』夢小説アンソロジー『Shall we love?』
URL:http://edgar.rdy.jp/
バナー:下記よりお好きなものをご利用ください。

http://edgar.rdy.jp/img/banner.png


http://edgar.rdy.jp/img/banner88.png


http://edgar.rdy.jp/img/banner33.png


http://edgar.rdy.jp/img/banner300.png


http://edgar.rdy.jp/img/banner468.png

作品概要

○女夢主によるエドガー夢小説
○エドガーとの『恋愛』に関するもの(年齢制限はR15まで)
○片思い、両思い、両片思い、悲恋、恋人、友人など、関係性は問いません。
◎どちらかの気持ちが相手に向いている
(エドガー→夢主、エドガー←夢主、エドガー⇔夢主)

テーマ【恋愛】
ページ数:4ページ~40ページ
文字数:ページ数に準じます
恋愛種別:ヘテロセクシュアリティ(異性愛)
年齢制限:なし(全年齢対象※もしくはR15まで)
カップリング:エドガー×ヒロイン(女主人公)
デフォルト名:なし(ネームレス小説)

※紙媒体の都合上、【ネームレス】作品を募集しています。
(※ネームレスとは、夢主(ヒロイン)の名前が描写されない、という意味です)
 ですが、夢主を指す呼称(彼女、君、娘、お嬢さん、姫様、王妃様、レディ等々)はその限りではありません。

原稿規定

・ページ数が40ページ以内であれば、複数作品でも構いません。
(10ページ短編が1つ、20ページ短編が1つなど)
※やむを得ずページ数が超える場合はご相談ください。
・原稿となる作品の文章体裁については、『小説の基礎』となる文章作法に則り、そちらの基準に準じます
 詳しくは下記『文字組・体裁について』項目をご参照ください。

文字組・文章規則・禁止事項について

 文庫文字組の平均値 16行×40文字 とします。
主催者独自の調査に基づき平均値を算出しています。詳細についてはこちら

 以下の文章規則・禁止事項に沿って、原稿を提出願います。
①文末に必ず句点『。』を設ける
②段落下げに全角空白1スペースを設ける
③三点リーダー、ダッシュ線は偶数個使用
 『……』『――』で1組とする
④疑問符、感嘆符後は全角空白1スペースを設ける
⑤閉じ括弧の直前に句点を置かない
 例:×「雨、止まないね。」○「雨、止まないね」
 詳しくはこちらをご参照ください。

※なお、上記の禁則事項は飽くまで当アンソロに付随するものであり、その他の作品においてこれを準じないものとします。

【ルビについて】
・ワード利用が可能な方
 本文にルビ機能を使用し、該当ページ・行数をメール本文にてご連絡ください。
・ワード利用ができない方
 原稿を送付される際、該当段落文章を明記(コピペ)の上、ルビを()にて表記ください。

締め切りスケジュール

【2016年12月20日 一次締め切り】
※執筆者様各位にはこの時点で一度原稿を提出頂き、こちらで原稿をWordに流し込む作業を行います。
 その後、PDF化した原稿を執筆者様にお返しし、実際の体裁イメージを確認いただきます。
 なお、このとき同時に、主催側で校閲(誤字・脱字・誤変換等の確認)を行い、その点を合わせてご報告いたします。
※① 参照

【2017年01月10日 二次締め切り】
 上記のとおり、ご確認いただいた原稿を返送頂く締め切りです。
 一次締め切りの段階でお渡しした原稿で問題はない、修正の必要もない、ということでしたら、特に気にしていただく必要はございません。
 修正が入った場合、この後再度PDF化したデータをお渡しし、原稿の最終チェックを行っていただきます。

【2017年01月25日 最終締め切り】
 本文入稿作業に入るための、最終締め切りとなります。以降のデータ修正は原則お受けできません。

※①

・文章規則について
『アンソロジー』は複数作者の作品を一冊の本にまとめて刊行するため、作品ごとに文体が変わる、という環境変化が発生します。それに伴う『視覚認識の齟齬』をできる限り排除し、『視覚認識の統一』を図ることで読み手側の環境的なストレスを少しでも軽減したい、という意図があります。
 この度の規則についてはご了承いただきますよう、お願い致します。

・校閲について
 修正は任意です。文法や漢字、言い回しなどは執筆者様の作風でもあるため、飽くまでも「キーボード操作等によるミスではありませんか?」の確認となります。
 釈迦に説法ではございますが、『意図しない誤り』を少しでも減らすためですので、『意図的なもの』であれば修正頂く必要はまったくございません。
 こちらの指摘につきましては、頭の片隅に入れていただく程度にご認識ください。

 なお、この作業についてはおおよそ10日前後お時間をいただきたく思いますので、データをお返しするのは1月上旬頃になるかと思われます。

提出方法

こちらより原稿サンプルをDLしていただき、原稿を流したものをメールに添付、もしくはDropboxなどのデータ共有サービスで提出。
② 原稿本文をそのままメールに貼り付けて提出。
③ 原稿本文が書かれたテキストファイルをメールに送付、もしくはDropboxなどのデータ共有サービスで提出。
☆ファイルにて提出頂く際は、ファイル名を執筆者名に指定してください。※例:亜咲⇒azaki

※原稿サンプル内に、原稿規定、文章禁則事項、サンプル等を掲載しています。ドキュメント閲覧ソフトをお持ちであれば、一度ご確認いただくことを推奨します。
 簡易版PNGサンプルPDFもご用意しております。

ご提出頂く際、以下の点をご確認ください。
・ダッシュ線(――)は必ず2つ重ねて使用してください(こちらで1つに修正⇒200%拡大で線を統一します)
・ルビを使用する場合はその旨をメールに記載頂き、該当箇所がわかるようご提出ください。(ルビについては当方で行幅調整などを行います)
・特殊フォントは使用しないでください。どうしても演出上必要になる場合は、フリーフォントかつ商業利用可であることを執筆者様自身でご確認の上、DL配布URLをメールにてご連絡ください。
・.doc(x)ファイルでご提出頂く場合、文字数・行数を今一度ご自身の目で確認ください。また、Word機能を利用された場合は必ずその旨をお知らせください。


PAGE TOP